絆創膏とバンドエイドの違いは?地域ごとの異なる呼び方をまとめてみた!

「絆創膏」と「バンドエイド」の違いについてまとめてみました。

そしてさらに絆創膏やバンドエイドだけでなく、全国の各地域によって様々な呼び方があり、そちらも合わせてまとめて行きます。

スポンサーリンク

「絆創膏」と「バンドエイド」の違いとは?

絆創膏とは・・・傷口や患部の手当てに用いられる衛生材料の一種の一般名称。

バンドエイドとは・・・ジョンソンアンドジョンソンが製造、販売しているガーゼ付き絆創膏の商品名。

つまりそれぞれの違いは、絆創膏は一般名称であり、バンドエイドは固有の商品名ということになります!

絆創膏とバンドエイドにはそのような違いがあったのですね。

しかしバンドエイドは絆創膏の中でも代表格の商品なので、バンドエイド自体を一般名称と思っていた方も少なくないかもしれません。

もし絆創膏のことを全てバンドエイドと呼んでしまっていた方がいれば、ジョンソンアンドジョンソン以外の商品はバンドエイドではないので、気を付けた方がいいかもしれないですね。

スポンサーリンク

全国の地域によって違う「絆創膏」の様々な呼び方!

絆創膏の呼び方を地域ごとに分けた地図がこちら!

出典元:ROCKET NEWS 24

絆創膏:
石川県、福井県、新潟県、長野県、静岡県

カットバン:
青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、山梨県、岡山県、鳥取県、島根県、山口県、愛媛県、高知県、長崎県、鹿児島県

バンドエイド:
栃木県、茨城県、千葉県、群馬県、埼玉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、大阪府、滋賀県、京都府、兵庫県、香川県、徳島県

リバテープ:
奈良県、福岡県、佐賀県、大分県、熊本県、宮崎県、沖縄県

サビオ:
北海道、和歌山県、広島県

キズバン:
富山県

スポンサーリンク

全国には全く異なる呼び方がたくさんあるようですね!

「絆創膏」以外は全て固有の商品名です!

地域によって呼び方が異なるのは、製造ルートや販売場所の違いから、その地域で最も流通していた商品名で呼ぶようになったためと考えられています。

これだけ様々な呼び方があると、他の県や地域に行った際に、意味が通じないということもきっとあるでしょう。

そしてまたそれが出身地や育った地域の違いで盛り上がれる一つの話題になるのかもしれませんね!

まとめ

今回は「絆創膏」と「バンドエイド」の違いと、全国の地域ごとの呼び方についてまとめてみました。

違いを一言でいうと、絆創膏は一般名称で、バンドエイドは固有の商品名、他の呼び方も全て固有の商品名ということになります!

出身地の違う友達や仲間に、何て呼んでいるか聞いてみても面白いかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です