新型コロナウイルスの感染者(バス運転手)は奈良県のどこ?武漢渡航歴のない国内感染者!

新型コロナウイルスの感染者が国内で新たに2人確認されたと報じられました。

そのうち1名は武漢への渡航歴がないバス運転手とのことで、武漢渡航歴のない人としては国内で初の感染者とのことです。

バス運転手の感染が確認されたのは奈良県の何市なのでしょうか。報道の内容をまとめて行きます。

新型肺炎の感染者のバス運転手は奈良県のどこに住んでいる?

今のところ感染者のバス運転手が奈良県のどこに住んでいる方なのかについては報じられていません。

報道の内容がこちら!

厚生労働省によりますと、日本国内で新たに男性2人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、このうち奈良県に住む60代の男性は、中国・湖北省武漢の滞在歴がないことがわかりました。
奈良県の男性はバスの運転手で、今月2回にわたって武漢からのツアー客をバスに乗せていたということです。 引用:NHK NEWS WEB

報道によるとバス運転手の方は武漢市への渡航歴はないものの、1月に2回武漢市からのツアー客を乗せていたとのことで、武漢出身の方と接触があったことが明らかになっているようですね。

また別の報道によると、2回のバスツアーの内、1回目は大阪⇒東京、2回目は東京⇒大阪と各地を巡っていたようです。

バス会社はどこ?

感染者のバス運転手が勤務しているバス会社がどこなのかについては、現時点では報じられていません。

営業への影響も大きいと考えられるため、今後公表されるかわかりませんが、新たな情報がわかり次第更新していきます。

感染者の足取りや発症時期、病状は?

報道の内容から、感染者の足取りや発症時期、病状などについて時系列順に箇条書きでまとめます。

・感染者のバス運転手は奈良県に住む60代の日本人男性

・1/8~11に武漢からのツアー客をバスに乗せて、大阪⇒東京を巡った

・1/12~16に武漢からのツアー客をバスに乗せて、東京⇒大阪を巡った

1/14に悪寒や咳などの症状を訴える

1/17奈良県内の医療機関を受診も検査で異常が見られず経過観察

・1/22に関節痛と咳の症状が悪化

1/25に奈良県内の医療機関に入院

・1/28に検査の結果、新型コロナウイルスに感染していることが発覚

ネットの声は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です