新型コロナウイルスの感染者は大阪のどこ?バスガイドの女性で武漢のツアー客と乗車!

日本でも感染者が複数確認されている新型コロナウイルスですが、大阪府大阪市でも新たに感染者が確認されました。

感染確認されたのは武漢から来た中国人ツアー客を乗せたバスのバスガイドをやられている女性とのことです。

感染者の女性がどこの方なのか、どこを訪問されていたのか情報をまとめて行きます。

感染者のバスガイド女性は大阪府大阪市のどこの地域?病院は?

現時点では感染者の女性が住んでいる地域や入院している病院名については報道されていません。

今のところは大阪府大阪市内に住んでおり、大阪市内の病院に入院しているというところまで報道されています。

報道の内容がこちら!

大阪府などによりますと、新型のコロナウイルスによる肺炎が相次いでいる問題で、大阪市内に住むバスガイドの女性がウイルスに感染していることが新たに確認されたということです。女性は28日、感染が確認された奈良県に住むバス運転手の男性と同じバスに乗務し、中国の武漢からきたツアー客と行動していたということです。 引用:NHK NEWS WEB

先日感染が発表された奈良県在住のバス運転手の方と同じバスに乗務されていたということです。

感染者の足取りや発症時期、病状は?

報道の内容から、感染者の足取りや発症時期などについて時系列順に箇条書きでまとめます。

バスツアーの日程については、奈良県のバス運転手と同じバスに乗車していたとのことで、バス運転手の方の報道から参照しています。

・感染者のバス運転手は大阪府大阪市に住む40代女性

・1/8~11に武漢からのツアー客をバスに乗せて、大阪⇒東京を巡った

・1/12~16に武漢からのツアー客をバスに乗せて、東京⇒大阪を巡った

発熱や咳などの症状を訴え、医療機関を受診(時期は不明)

・1/29現在入院中

ネットの反応は?

https://twitter.com/oldschool1204/status/1222505959253139457

https://twitter.com/V10_taka_01V/status/1222506207451074560

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です