【世界仰天ニュース】大学生の冤罪事件!詐欺犯人と間違われ無実の罪で勾留300日以上!

日本テレビ系「ザ!世界仰天ニュース」1/21放送分にて特集された大学生の冤罪事件について取り上げます。

なぜこのような事態になってしまったのか、ずさんな捜査内容とは一体どのようなものだったのでしょうか。

当時の報道を調査しまとめて行きます。

無実の大学生が詐欺に間違われ勾留300日以上

今回の冤罪事件では無実の大学4年生がオレオレ詐欺の指示役に間違われて10カ月間勾留されていました。

犯人に間違われた詐欺事件は、被害者の親族に成りすまして電話をかけ、大阪府内の当時70~80代の男女4名から1700万円を騙し取ったという事件になります。

冤罪の男性は当時大手企業から3つもの内定をもらっていたようですが、大事な時期に詐欺の詐欺の犯人と間違われて、内定をすべて取り消しとなってしまったようです。

なぜこのような時代になったのか、ずさんな捜査内容についてまとめて行きます。

ずさんな捜査内容とは?

当時の報道の内容がこちら!

地検の取り調べは録音・録画されており、証拠提出された。判決は「詳細に教示し、誘導するかのよう」「知人の供述に合わせて虚偽供述した可能性も十分ある」と指摘した。
 また、2日の知人と少年のスマートフォンの通話履歴では飲食店などと頻繁に通話しており、判決は「キャッチ(客引き)のバイトをしていたと推認される」とした。一方、男性の弁護人によると、同日夜に男性は別の友人と遊ぶ動画をSNSに投稿していた。
 しかし、県警と地検は、こうした客観的事実を重視せず、ほぼ2人の証言のみを有力な証拠とした。判決で大西直樹裁判官は「客観証拠の整合性確認が不十分で、供述を詳細に教えるのは不当。捜査手法を検討しなくてはならない」などと苦言を呈した。
 男性の弁護人は「二つしかない供述証拠のうち一つを完全に誘導で作っている。真実の発見という捜査の本来の目的をおざなりにした」と批判した。 引用:京都新聞

警察検察側は共犯者の2人の供述を証拠として冤罪の大学生を犯人としたようです。

しかし共犯者の2人の話は虚偽だったのでした。

さらに共犯者の内一人は、先に取り調べを受けた共犯者が冤罪の大学生を指示役と供述していることを、警察検察から事前に聞いていたのです。

つまり警察検察が、後から取り調べを行った共犯者の供述を冤罪の大学生が犯人であると供述するように誘導したわけですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です