無実の大学生事件の犯人(22歳)顔画像や名前は?オレオレ詐欺事件で冤罪が。

今回は、番組「ザ!世界仰天ニュース」で放送された詐欺罪に問われた無実の男子大学生の事件について調べてみました。

報道されていた事件の内容は?

事件の内容はこちらになります。

知人らと共謀して高齢者4人から現金1700万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた大学生の男性(22)の判決が27日、大津地裁であり、大西直樹裁判官は無罪を言い渡した。

 公判で検察側は、共犯者とされる知人2人が「男性から見張り役の仕事を紹介された」「男性から報酬をもらった」などと証言したことを基に、男性が犯行に関わっていたと指摘。弁護側は、知人らの証言はいずれも虚偽だとして、無罪を主張していた。

 

 判決理由で大西裁判官は、知人のうち1人の供述に矛盾があり、詐欺集団の上位者としての責任を問われることを免れるために虚偽の供述をした可能性があると指摘。もう1人の供述も捜査機関からこの知人の供述内容を知らされて合わせた可能性があり、信用できないなどとした。

 男性は、2017年11月、共謀し、被害者の親族になりすまして「至急現金が必要」などと電話をかけ、大阪府内の当時76~82歳の男女4人から計1700万円をだまし取ったとして、起訴された。

出典元:京都新聞

犯人の22歳の男性と少年は?

犯人の22歳の男性と少年が逮捕されています。

顔画像や名前は現在調査中です。

無実の大学生は?

大手企業に内定をもらう大学4年生だった。

2017年11月1日から2日の2日間 オレオレ詐欺事件の指示役をしたとして逮捕されてしまいました。

顔は当然隠れていますが、こちらの画像が無実の大学生です。

なぜこの大学生が無実にも関わらず逮捕されてしまったのでしょうか。

先にオレオレ詐欺で逮捕されていた22歳の男性と少年が、「無実の大学生のことをオレオレ詐欺事件の指示役」であると証言したのがきっかけです。

大学生は、22歳の男性とは顔見知りでお金を貸すこともあったようです。

警察のずさんな取り調べで大学生を逮捕しましたが、客観証拠がほぼない中で、

滋賀県警と大津地検が「共犯者」の虚偽供述を別の共犯者に伝えて供述を引き出す強引な手法で、有罪立証に突き進んだとのことです。

無実の大学生は最後には無罪を勝ち取りますが、警察などから謝罪はなかったようです。

無実の大学生は、内定はすべて取消しされ人生を狂わされてしまいました。

番組がこのことに対して問い合わせても回答は得られなかったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です