福岡市南区の立てこもり犯の顔画像や名前は?犯人はうなぎ店の元従業員の男!

福岡市南区のうなぎ店「うなぎの黒田屋」で立てこもり事件が発生したと報じられました。

犯人がどのような人物なのか、事件の概要などについてまとめて行きます。

「うなぎの黒田屋」の立てこもりの犯人は誰?

今のところ顔画像や名前などについては報じられていません。

分かっている情報としては、

・35歳男性

・うなぎ店の元従業員

ということになります。

また新たな情報がわかり次第更新していきます。

事件の概要は?

21日午前8時半ごろ、福岡市南区大橋1丁目のうなぎ店「うなぎの黒田屋」で、「包丁を持った男が女児2人を人質に取って立てこもった」と店の関係者から110番があった。 引用:https://www.nishinippon.co.jp/item/n/602279/

人質は子供2人

報道によると、人質は6歳と3歳の女児二人です。

捜査関係者によると、女児は店主の子どもで6歳と3歳という。立てこもった男は店の元従業員(35)。県警によると、女児2人は拘束はされておらず、けがをしたとの情報は入っていない。 引用:https://www.nishinippon.co.jp/item/n/602279/

犯行の動機は?

一部報道によると、犯人はトラブルで店を辞めさせられたという情報もあります。

県警が周囲を封鎖するなどし、店のドア越しに男の説得を続けている。男はトラブルで店を辞めさせられたとの情報もある。持っていた包丁は刃渡り約30センチのものだったとみられる。店主と妻は店外におり、無事だという。 引用:https://www.nishinippon.co.jp/item/n/602279/

店とのトラブルが真実であれば、その恨みが動機である可能性は高そうです。

世間の声は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です