地主Yは女性で顔画像や本名は?GIGAZINE地上げ問題!建物を無断破壊で話題!

現在、GIGAZINEの地上げ問題が話題となっています!

その内容がなんと”ある日突然、自分の建物(GIGAZINE旧本社)がショベルカーで破壊されていたが、「建造物損壊」にはならない”という話なのです。

これだけ聞くと「え、どういうこと?なんで?」と思いますよね。

今回はこの問題の概要をわかりやすく記載するとともに、重要登場人物でもある地主Yさんについても調査していきたいと思います。

概要は知っているという方は、目次の「登場人物について」からご覧ください。

スポンサーリンク

GIGAZINEの地上げ問題の概要とは?

ポイントを要約

・GIGAZINEの知らぬ間にGIGAZINE第一倉庫がショベルカーで破壊される。GIGAZINE編集長がたまたま現場に遭遇。
・GIGAZINE第一倉庫はGIGAZINE編集長名義で登記されているが、土地は地主Yから借りているもの。
・その地主Yが仲介業者を介して、解体業者に建物の解体を依頼した。
・建物の解体に関しては所有者とされるGIGAZINE編集長に許可を取っておらず、一切連絡もしていない。
・GIGAZINE編集長が所有物の建物を勝手に破壊されたとして、警察に被害届を出した。
・現在捜査中ではあるが、本件は「建造物損壊」にならない可能性が高い。

なぜ「建造物損壊」にならないのか?

・建造物損壊罪の「建造物損壊」とは「自動車でビルに突っ込んでくる」「建物を爆弾で爆破する」「壁面にスプレーで落書きする」ぐらいの「故意性(=わざとやっている)」が必要
・自分の土地の上にある建物を「返してもらった」と地主は思い込んで破壊しているので「故意性」がない

出典元:GIGAZINE

登場人物について

GIGAZINEについて

株式会社OSAが運営しているニュースサイトです。

所有する建物を破壊されたというのがGIGAZINEの編集長です。

調査した結果、GIGAZINEの編集長は 山崎恵人さんという方でした。

地主Yさんは誰?

今回破壊された建物が建っていた土地の所有者が地主Yさんです。

どうやら地主Yさんは女性の方で高齢のおばあさんのようです。

GIGAZINE編集長・山崎恵人さんの母親のブログに、建物解体されていた当日の状況に関する記載で、以下のように書かれていました。

「ここの地主さんは年配のおばあさんのはず。あなたは誰?」ときくと「むすめよ」と答え、「ここはウチラのものよ。」と言い張る。

出典元:KEISUI ART STUDIO

建物解体の日に口論になったのは、地主Yさん本人ではなく、地主Yさんの娘さんだったようですね。山崎恵人さんのブログによると、娘さんも年配の女性ということですから、その母親である地主Yさんはかなり高齢の女性であることが想像できます。

ただ残念ながら今のところ、「高齢」「女性」ということくらいしか情報がなく、それ以外のことはわかりませんでした。

各登場人物、関係会社の関係図

作成中。

スポンサーリンク

世間の反応は?

まとめ

今回はGIGAZINEの地上げ問題についてまとめてみました。

おそらく公開されていない情報や、私たちが知りえない情報もまだまだたくさんありそうなので、ここではこの問題に対して偏った意見をすることは控えようと思います。

このまでの状況を見ていると円満に解決するというのは到底無理だとは思いますが、なるべくお互いが納得に近づけるような解決策を見つけてほしいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です