平成ジャンプ ファンの迷惑行為の内容(詳細)は?マナー違反で全国ツアー中止!

人気グループのHey!Say!JUMPのファンによる交通機関のマナー違反などの迷惑行為により、アリーナ公演中止が発表されました。

デビュー以来ずっと続いていたアリーナ公演が中止にするほどの迷惑行為とはいったい何だったのでしょうか。

ファンによる迷惑行為の詳細と世間の反応について調べてみました。

スポンサーリンク

ファンによる迷惑行為とは?

アリーナ公演中止発表の前にHey!Say!JUMPの公式サイトでは「公共交通機関利用マナーに関するお願い」を掲載し、注意喚起を行っていたようです。

そちらに具体的にファンが行っていた迷惑行為が載っていたのでご紹介したいと思います。

新幹線について

・タレントが使うことを予想しての駅での待ち伏せ

・タレントを駅構内で追いかけ付きまとう

・駅構内やホームに留まり、通路を塞ぎ通行の妨げをする

・タレントと同じ新幹線に乗り、タレントを見るため車両のデッキや通路に留まる

・ホームで指定されたラインを越えて、新幹線の発車を妨げる

飛行機について

・タレントが使うことを予想しての空港での待ち伏せ

・タレントを空港内で追いかけ付きまとう

・空港ロビーや検査場、搭乗ゲートなどに留まり、通路を塞ぎ通行の妨げをする

・タレントと同じ飛行機の搭乗券を購入し、タレントが搭乗するまで搭乗しない

公共交通機関利用マナーに関するお願い

Hey!Say!JUMPのファンだけではない!?

今回はHey!Say!JUMPのファンの迷惑行為が取り上げられましたが、他のアーティストでもたびたびこのようなことが起こっているようです。

今回はHey!Say!JUMPの迷惑行為でアリーナ公演中止のお咎めを受けましたが、このような迷惑行為を行っている他のアーティストもそのような事態になる可能性もありますね。

ファン全体がこのような迷惑行為について今一度考える必要があるかと思います。

スポンサーリンク

世間の反応は?

まとめ

これらの迷惑行為は一部のファンの行為であり、その一部のファンのせいでアリーナ公演が中止になってしまうことはとても残念なことです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です