IR三羽烏は誰で自民党 議員の名前は?2000万(IR汚職事件)疑惑の黒幕や便宜供与リストとは?

今回は、自民党内で「IRの三羽烏」と呼ばれる人物やIR汚職事件で2000万もらった議員がいるという報道についてご紹介していきたいと思います。

カジノを中核とした日本の統合型リゾート(IR)事業を巡る汚職事件でが国内で話題になっています。

収賄容疑でIR担当の副大臣だった秋元司容疑者が逮捕されていますが、

「約2千万円もらっているIR三羽烏の議員がいる」と証言しているそうです。

秋元司容疑者の証言は?

朝日新聞デジタルのアエラドットはこのように報じています。

秋元容疑者は逮捕前に「300万なんてはした金もらわねえよ」と反論して、批判を浴びた一方、「500社は議員への働きかけ、ロビー活動はすごかった」などと語っていた。

 そして本誌に「直接、見たわけじゃないが」と断りつつ、こう打ち明けていた。

「約2000万円もらっている議員がいる。ケタが1つ、違うだろうっていう議員だっている」

(自民党内の)IRの三羽烏って呼ばれる議員なんか、そりゃすごいんじゃないか。

12月になって、俺の疑惑が報じられはじめたら、3人は俺の電話にすら、出なくなった。ひどいやつらだ」

 さらに驚くべき「闇」を示唆する証言をしていた。

「なんらかの形でカネもらったり、便宜を受けたリストに載っている議員は30人はいるんじゃないか」

出典元:アエラドット

自民党のIRの三羽烏とは?呼ばれる議員3人は誰?

秋元司容疑者の証言を元に「IRの三羽烏」について情報をまとめてみますと、

・自民党

・約2000万円もらっている議員がいる、桁が1つ違うだろうっていう議員がいる

・秋元司容疑者の疑惑が報じられ始めたら、電話にも出なくなった

また「三羽烏」のそもそもの意味は、

三羽烏(さんばがらす)とは、ある特定の分野における優れた3名の人を指す。

であることから、自民党内のIR事業を担う重要な人物3人ということになりそうですね。

 

また、ジャーナリストの須田慎一郎氏がこのような発言をされています。

須田)はっきり申し上げて清華紫光集団と秋元議員は不釣り合いでバランスが取れません。秋元議員のような小物を相手にしません。

飯田)動いている額も300万で、警察が動いて身柄をとるような案件かと一部指摘されていますね。昔は1000万円以上でないと動かなかったと言うヤメ検の方もいらっしゃいます。

須田)清華紫光集団とカウンターパートナーを結んでいた自民党の超大物議員もいます。その手足となって秋元議員が動いていたのではないかという私の読みです。確証はありませんが、いま情報を集めている最中です。年明けを楽しみにしていただければと思います。

出典元:1242.com

やはり、300万円もの金額を受け取った秋元司容疑者の他に、もっと多額の金銭を受け取った「黒幕」がいると考えるのが自然ですね。

新しい情報が入りましたら、また追記させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です