JDI元幹部(元経理)は誰?顔画像や名前は?自殺の報道や事件の内容についても。

今回は、株式会社ジャパンディスプレイ(JDI)の元経理担当幹部と事件の内容について調べてみました。

2019年11月に、JDIは元経理担当幹部が2014年7月~18年10月の約4年間にわたり5億7,800万円もの金額の不正経理を行っていたと発表をしました。

2018年12月に懲戒解雇された元経理担当幹部ですが、自殺をし亡くなったという報道がありました。

事件の内容や元経理担当幹部の人物について調べてみました。

元経理担当幹部 人物は?

現時点では元経理担当幹部の名前や顔画像は公表されていません。

元経理担当幹部について判明している情報をまとめてみました。

・JDI経理部門を統括していた幹部職員の男

・11月27日朝、東京都新宿区のホテルの部屋でほぼ意識不明の状態で発見

・病院に搬送されたが、その後亡くなった

事件の内容は?

報道された内容はこちらになります。

経営再建中の液晶パネル大手ジャパンディスプレイ(JDI)の経理担当幹部が約4年間にわたって不正経理を繰り返し、会社の資金を着服したとして、昨年12月に懲戒解雇されていたことがわかった。JDIは着服の総額は約5億7千万円にのぼるとみており、ずさんな内部管理体制が露呈した。

取引実態のない別の会社の口座に入金したり、収入印紙を換金したりして得た資金を私的に流用した疑いがある。

 複数の関係者によると、懲戒解雇されたのは経理部門を統括していた幹部職員の男性。経理畑が長く、JDIが株式上場した2014年から不正経理を始めた。

別の社員からの内部通報で不正経理が発覚し、懲戒解雇された。着服した資金はギャンブルなどで使ったという趣旨の発言をしている。社内のチェック体制が甘く、不正経理の発覚が遅れたという。

出典元:朝日新聞

12月1日に元経理担当幹部が自殺したという報道がこちらになります。

経営再建中の液晶パネル大手ジャパンディスプレイ(JDI)から5億7千万円あまりの資金を着服したとして懲戒解雇された、同社の経理担当だった元社員の男性が11月、都内で自殺を図り、その後死亡したとみられることが1日、警視庁への取材でわかった。

 捜査関係者などによると、元社員は11月27日朝、東京都新宿区のホテルの部屋でほぼ意識不明の状態で倒れているのを発見された。病院に搬送されたが、その後死亡したという。携帯電話には、着服を認めた上で「死んでおわびします」といった内容のメッセージが残されていたという。

出典元:朝日新聞

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です