小嶺麗奈 元カレ(元俳優X)は足立直久(安達直人)?顔画像や名前は?六本木ルートが話題に。

今回は、大麻の使用疑いで逮捕された小嶺麗奈さんの元カレについて調べてみました。

小嶺麗奈さんは田口淳之介と事実婚状態で、今回揃って逮捕されました。

麻薬取締部(マトリ)は小嶺麗奈さんを10年もマークしていたそうです。小嶺麗奈さんの元カレは六本木のサパークラブを経営しており、そこで大麻パーティを開き、何人か逮捕されることがあったそうです。その事件により、そのサパークラブに通っていた小嶺麗奈さんもマークされるきっかけとなりました。

スポンサーリンク

元カレ(元俳優)Xとは?

元カレについては現段階で誰かは判明していませんが、ネット上では、足立直久さん(安達直人さん)というが挙がっています。

この方は、足立直久さんは元々安達直人という名前で俳優活動をされていた方です。現在48歳で当時は特撮俳優で活躍していたみたいですね。

特撮番組メタルヒーローシリーズの第15作『ビーファイターカブト』で橘健吾(ビーファイタークワガー役)として出演していました。

そして六本木のサパークラブを経営していたという情報がありました。なお現在は既に閉店しているそうです。

(六本木ルート)芸能界薬物ルートの拠点が足立直久さんの六本木のサパークラブになったのではないかと言われています。

スポニチでは元カレやサパークラブについて、このように報道がされていました。

07年に田口容疑者と交際を始める以前、元恋人の元俳優が経営する東京・六本木のサパークラブでの大麻パーティーをきっかけに複数の芸能関係者が逮捕された。当時、そのサパークラブに頻繁に出入りしていたのが小嶺容疑者。同部はこの“六本木ルート”に注目し、小嶺容疑者を10年以上マークしていた。

また東スポでもこのように報じています。

 華やかな六本木を象徴する一方で、このサパークラブには常に“黒い噂”が付きまとっていた。店内で違法薬物が蔓延しているという疑惑だ。当時を知る関係者によれば、違法薬物の供給アジトのような存在になっており、それを求めて多くの有名人が訪れたとのことだ。またそれと同時にささやかれていたのが、売春あっせん疑惑。「クスリと女が手に入る店」としてその悪名をとどろかせていたのだ。

今では閉店していますが、当時はかなり危ないところだったのですね。さすがマトリが目を付けるだけありますね。

また、小嶺麗奈さんは関東連合とも関わりがあるとされ、その写真がこちらになります。

スポンサーリンク

六本木に頻繁に出入りしているため、このような交友関係も広いのかもしれませんね。

田口淳之介さんがジャニーズ事務所に在籍していた時代にジャニーズ事務所は、小嶺麗奈さんの交友関係を問題視していたという報道もありました。

「ジャニーズサイドが特に気にしていたのは、小嶺の交友関係です。同時から筋の悪い人間、それこそ某有名”半グレ”の関係者とも親交があることもジャニーズは把握しており、何かある度に田口に『小嶺麗奈、あの女だけはやめておけ』と警告してきました。ところが、再三の注意にも田口は一向に耳をかさず、今年には小嶺の母親とともに3人で同せい中ということも、一部週刊誌の報道で発覚。この度重なる『ルール破り』が、最終的にジャニーズサイドが厳しい判断をくだすことに繋がったのでしょう」

出典元:BIGLOBEニュース

スポンサーリンク

北村匠海が薬物疑惑で逮捕?若手俳優Xやぼかしの画像の真相は?実話ナックルズで報道

【顔画像】登戸事件の犯人の職業(仕事)や経歴は?家族や結婚についても

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です