松坂大輔が勝てなかった天才投手は江刺徳男!画像や経歴は?「消えた天才」で

今回は1/13にTBS系列「消えた天才」で放送される松坂大輔が勝てなかった天才投手について調べてみました。

松坂大輔が中学時代に一回も勝てなかった天才投手とはいったい誰なのか?また、どれほどの成績を残していたのか。

整理していきたいと思います。

スポンサーリンク

松坂大輔の学生時代について

関連画像

今や日本に知らない人はいないほどの名投手である松坂大輔さんですが、学生時代からその才能と活躍ぶりで注目を集めていました。

松坂大輔さんの出身高校は横浜高校で、松坂大輔さん高校2年生の県大会前からチームのエースとしてプレーしていました。

松坂大輔さんの投げる球は、高校生ながらなんと驚異の152km/hを記録し、スライダーやカーブ、チェンジアップといった変化球を得意としていました。

また松坂大輔さんのいるチームはいまだ破られることのない公式戦44戦無敗という記録を残し、なんと神宮大会優勝、春センバツ優勝、夏全国優勝、国体優勝という四冠を成し遂げました。

そんな異常なまでの活躍もあり、松坂大輔さんは「平成の怪物」と呼ばれるようになったのです。

そんな松坂大輔さんが中学時代に一度も勝てなかったという天才投手とはいったい誰なのでしょうか。

松坂大輔が一度も勝てなかった天才投手とは?

松坂大輔が一度も勝てなかった天才投手は江刺徳男(えさしのりお)さんという方です!

江刺徳男さんの画像がこちらになります!

     

江刺徳男さんは松坂大輔さんが中学時代に所属していたチーム「江戸川南リトル」の選手でチームメイトでした。

また江刺徳男さんは12歳の時に身長174cmと、子供とは思えない体格でピッチングだけでなくバッティングも一流であったようです。

松坂大輔さんが一度も勝てないというのは本当にすごい選手だったんでしょうね

そんな天才の江刺徳男さんは中学までで野球をやめてしまいましたが、その理由は貧しい家計を助けるために高校進学しなかったからだそうです。

プロ選手になっていたらどうなっていたのかと想像してしまいますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です