おぼんこぼん 不仲の理由(喧嘩)や原因は?水曜日のダウンタウンの企画で話題!

今回は、お笑いコンビ「おぼん・こぼん」の不仲理由について調べてみました。

「おぼん・こぼん」は不仲でお笑い界では有名だったようですが、番組「水曜日のダウンタウン」で不仲の様子が取り上げられて一気に世間で認知されるようになりました。

いったいどうして不仲になってしまったのでしょうか?

また番組内での様子についても調べてみました。

スポンサーリンク

不仲の理由は?

「おぼん・こぼん」は結成されて54年経つベテランの芸人です。

明確に不仲の理由を公言してはいませんが、番組内の様子を見ると「本当に不仲である」ことがよくわかりますよね。

お二人は10年近く私語をしていないそうで、かなり長いこと喧嘩状態であることを明かしています。

番組の内容は?

水曜日のダウンタウンで「おぼん・こぼん」が出演した番組の内容について調べてみました。

「おぼん・こぼんでも催眠術さえあれば仲直りできる」説

おぼん・こぼん師匠に十文字幻斎先生が催眠術をかけて仲直りさせようという企画ですが、失敗してしましました。

おぼん師匠は「何で素直になれへんねやろ。一言アイツが謝ればいいのに。今まで迷惑掛けたなって。一生懸命やってきたのにな」と、涙も見せていました。こぼん師匠も簡単に謝れないなにかがあるのでしょう。また、どちらか一方だけが悪いということでもないかもしれませんね。

一方でネット上では、催眠術師の十文字幻斎先生の立ち振る舞いが話題になりました。十文字幻斎先生が号泣するおぼん師匠に寄り添い優しい言葉をかけている姿に「1番好感度上がったの十文字幻斎先生だろ」「十文字幻斎さんの立ち回りが素晴らしかった」なそ称賛があがりました。

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です