小栗旬の社長就任はいつ?理由はなぜ?今後の俳優や芸能活動はどうなる?

俳優の小栗旬さんが所属事務所であるトライストーン・エンターテイメントの社長に就任する予定であることが判明しました。

社長就任はいつになるのか、またなぜ社長に就任するのか気になりますよね。

また今後の芸能活動がどうなるのかも合わせて報道されている情報をまとめて行きます。

小栗旬の社長就任時期はいつ?

報道の内容がこちら!

そこで本誌は、山本氏に電話取材を試みた。

――小栗旬さんが今年、トライストーンの社長に就任すると伺っています。

「そうですね、確かにそんな構想や予定があるのは間違いありません」

山本氏は、時期こそ明言しなかったが、“小栗旬・社長就任構想”については認めた。また就任時期を明かせない理由について、山本氏は次のように語った。

本人は(会社の)経営なんてやったことがないわけですからね。それなりの準備も必要ですし、(社長を)引き継ぎするためには、それこそ(私と小栗で)並走しながら、マラソンのようにいっしょに何キロも走っていかなければいけません。でも(彼を社長にという)方向としては、そう考えていますし、彼にもそう認識してもらうようにしています」 引用:Yahoo!ニュース

週刊誌がトライストーンの現社長の山本氏に取材したところによると、

・小栗旬さんの社長就任時期は明言していない

・小栗旬さんは会社経営未経験で、それなりに準備期間もいると考えている

ということのようです。

社長就任の理由はなぜ?

報道では理由についても触れられていました。

「小栗は若いころから映画監督やプロデュースなどにも興味を抱いており、09年には同社の取締役に名を連ねています。またプロダクションの垣根を越えて、多くの俳優たちと交流を続けている彼は、同じころから“俳優の労働組合”の必要性を訴えるようになりました」(前出・映画関係者)

・・・(中略)・・・

将来、日本の俳優のユニオン(組合)を作りたい。もっと、俳優が自由に意見できて、責任を持てる環境を作りたい

・・・(中略)・・・

「このころから彼は、俳優の労働組合を設立することよりも、まずは会社という組織のトップに立つことから、芸能界全体を変えていこうという考えを持つようになったようです。彼のそんな思いに理解を示しているのが、トライストーンの現社長・山本又一朗氏なのだそうです。山本氏は小栗に社長を任せ、自身は会長として後見していくことを考えていると聞いています」(前出・映画関係者) 引用:Yahoo!ニュース

つまり社長就任の理由は、

・最終的には俳優の労働組合(意見できる場)を作りたい

・そのためにまずは会社の組織のトップに立つ必要がある

ということのようですね。

今後の俳優活動は?

今後の俳優活動に関しても報道で一部触れられていました。

――『ゴジラVSコング』以外にも、ハリウッド作品への出演が決まっていると聞きました。大河ドラマもありますし、今後の俳優活動もかなり忙しいのではないでしょうか?

「おっしゃるとおり、『ゴジラ~』のほかにも(ハリウッドで)決まっている作品はあります。まだ発表できる段階ではないのですが……。ただ “ハリウッド進出”というのは、少し誤解があるかもしれません。確かにいまは家族といっしょにロスで生活していますし、ハリウッドからオファーがあればそのつど検討すると思います。しかし米国滞在の目的は英語の勉強です。週5日間は毎日3時間半ずつ、英語のレッスンに取り組んでいます」 引用:Yahoo!ニュース

社長就任後も俳優活動を並行するかについては今のところ触れられていませんでした。

現時点で小栗さんは2020/11公開予定の「ゴジラVSコング」への出演が決定されています。

また他にも出演が決まっている作品もあるようで、すぐに俳優活動を休止されるというわけではないようですね。

ネットの反応は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です