吹奏楽連盟の事務局長は誰?顔画像は?次長と10年間で1億5200万円を着服で解雇!

全日本吹奏楽連盟の男性事務局長と男性事務局次長が給料を水増しして約1億5200万円を着服していたとして解雇されました。

事務局長と事務局次長は一体どんな人物なのでしょうか。

報道されている情報をまとめて行きます。

全日本吹奏楽連盟の事務局長と事務局次長は誰?

今のところ名前や顔画像については報じられていません。

現時点で分かっている情報としては、

・事務局長は50代男性

・事務局次長は40代男性

ということになります。新たな情報がわかり次第更新して言います。

着服事件の概要は?

報道の内容がこちら!

同連盟によると、2013年4月~19年12月、事業収入などから、事務局長が約7200万円、次長が約4300万円を着服。内訳は不明だが、10年4月~13年3月にも、2人で計約3700万円を不正受給していたという。

 給与や賞与の振り込みは事務局長が行っており、正規の金額に上乗せしていた。不正が発覚しないよう、理事会などに報告する際の書類には、水増し分をコンクールなどの会場費や課題曲の楽譜制作費に付け替えて計上し、伝票を偽造していた。 引用:読売新聞オンライン

着服した時期と金額については、

・2010~13年:2人で3700万円

・2013~19年:事務局長が7200万円、事務局次長が4300万円

となっているようです。

これに対しネットでは批判の声が殺到しています。

ネットの反応は?

https://twitter.com/ao_leaf__/status/1221790930644000772

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です