吉野彰の経歴や学歴、家族は?旭化成の研究者でノーベル賞受賞し話題に!

旭化成の研究者である吉野彰さんが日本人で9年ぶりのノーベル化学賞を受賞し注目を集めています。

そんな吉野彰さんの経歴や学歴、家族などについて調査しまとめて行きます。

スポンサーリンク

吉野彰さんのプロフィール

「吉野彰」の画像検索結果

名前:吉野彰(よしのあきら)

生年月日:1948年1月30日

年齢:71歳(2019年10月時点)

出身地:大阪府吹田市

吉野彰の学歴や経歴は?

吉野彰さんの来歴がこちらになります!

1970年 – 京都大学工学部石油化学科卒業
1972年 – 京都大学大学院工学研究科修士課程修了
1972年 – 旭化成工業株式会社(現旭化成株式会社)入社
1994年 – (株)エイ・ティーバッテリー技術開発担当部長
1997年 – 旭化成(株)イオン二次電池事業推進室 室長
2003年 – 旭化成フェロー就任
2005年 – 論文博士にて大阪大学で博士(工学)の学位取得
2005年 – 旭化成(株)吉野研究室 室長
2017年 – 名城大学大学院理工学研究科 教授
2019年 – ノーベル化学賞を受賞

学歴としては京都大学、京都大学大学院を卒業されております。

やはりノーベル賞受賞者ですので、若いころから優秀な方だったということがわかりますね。

大学院卒業後、旭化成工業株式会社(現在の旭化成株式会社)に入社されており、旭化成でのリチウムイオン二次電池に関する研究でノーベル化学賞を受賞されております。

リチウムイオン二次電池に関する研究でノーベル賞受賞

スポンサーリンク

日本人としてノーベル化学賞の受賞は9年ぶり8人目の快挙になります。

ネット上では祝福の声が多く挙がっております。

ノーベル賞以外の学術賞の受賞歴もすごい!

吉野彰さんはノーベル化学賞以外にも多数の学術賞を受賞しております。

受賞歴がこちら!

1999年 – 化学技術賞(日本化学会)、Technical Award of Battery Division(米国電気化学会)
2001年 – 市村産業賞功績賞(新技術開発財団)、関東地方発明表彰文部科学大臣発明奨励賞(発明協会)
2002年 – 全国発明表彰文部科学大臣発明賞(発明協会)
2003年 – 文部科学大臣賞科学技術功労者(文部科学省)
2011年 – 山崎貞一賞(材料科学技術振興財団)、C&C賞 (NEC)
2012年 – IEEE Medal for Environmental and Safety Technologies(米国IEEE)
2013年 – グローバルエネルギー賞(ロシア)、加藤記念賞
2014年 – チャールズ・スターク・ドレイパー賞(全米技術アカデミー)
2018年 – 日本国際賞(国際科学技術財団)、中日文化賞
2019年 – 欧州発明家賞 非欧州部門 (欧州特許庁)

すごい数の賞を受賞してきていますね。

2019年10月にノーベル化学賞を受賞する前から、吉野彰さんはノーベル賞に最も近い日本人ともいわれていたようです。

この受賞歴を見るとノーベル賞最有力だったということも納得できますよね。

吉野彰さんの家族は?

やはりノーベル賞受賞者ということで、家族がどのような方なのかは気になってしまいますよね。

残念ながら今のところ家族に関する情報は出てきませんでした。

まとめ

今回はノーベル化学賞を受賞し話題となっている吉野彰さんについてまとめてみました。

吉野彰さんがノーベル化学賞を受賞され、吉野さん名前や功績が世界に広まるのは、日本人として誇らしいことですよね。

今後の吉野彰さんのさらなる活躍に期待しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です