こぶしをきかせて演歌を歌う鳥(ヨウム)、「男~」と歌う理由は?動画もあり。

出典元:BOUCHAN @urupoohchan さんInstagram

「日テレ 天才!志村どうぶつ園」の志村園長と北川景子がネットで超話題の動物に会いに行く!の企画で登場した、ヨウムのるいちゃんについて調べてみたのでご紹介していきたいと思います。
演歌歌手のようにこぶしをきかせて歌う姿がかわいいと話題になっています。人間でもこぶしをきかせて歌うのは難しいのに、すごいですよね!
ヨウムのるいちゃんについて動画も一緒にまとめてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

住まい:神奈川県川崎市
種類:ヨウム
名前:るいちゃん
性別:オス
年齢:3歳

飼い主さんはヨウムのるいちゃんの他にもモモイロインコ、セネガルパロット等たくさんの鳥たちと楽しく暮らしているそうです。「ヨウム」とはあまり聞いたことがないですが、インコの仲間になります。知能が高く人のことばをよく覚える種類として有名で、飼い鳥として人気がある鳥です。人のことばを覚えることはよく見聞きしますが、こぶしをきかせて歌うというのはいったいどういうことなのでしょうか?次の動画でご紹介します。

動画は?

飼い主さんのInstagramに動画がありましたので、ご紹介させていただきます。確かに演歌のようにこぶしをきかせて歌ってますね!しかもはっきりと言えているのが驚きです。「おとこぉ~♪」と歌う姿が本当にかわいいです!これは話題になるのも無理はありません。

 出典元:BOUCHAN @urupoohchan さんInstagram

なぜこのように「男~♪」と歌うようになったのでしょうか?その理由を次でご紹介します。

「男~♪」と歌う理由は?

飼い主さんによると、るいちゃんはとてもビビりな性格で小さい虫にも驚き逃げ回るほどだったそうです。それを見た飼い主さんが「もっと男らしくなってほしい」と思い、 男の中の男」としゃべりかけ続けた ところ男の部分だけ覚えて、なぜか演歌風に歌うようになったそうです。「男の中の男」とるいちゃんに話し続けた飼い主さんがユニークで本当に素敵ですよね。ビビりが治ったかどうかはわかりませんが、歌で飼い主さんの想いに応えるるいちゃんがとてもほほえましいです。

「男の中の男」と同時期に「ぽっぽっぽー はとぽっぽー」を教えたところ、2つの言葉が混ざって「おとぽっぽ~」とこぶしをきかせるバージョンもあるそうですよ!美声で歌うるいちゃんですが、また新しいバージョンが出来たらそれもぜひ聞きたいですね!

まとめ

こぶしをきかせて歌うことが出来るるいちゃんは動画でしっかりと「男~♪」と歌っていました。もし他のバージョンでもこぶしをきかせて歌うことがあったら、またぜひ見たいです。これからもるいちゃんの活躍に期待していきましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です