チンポム(チムポム)の作品やメンバー、経歴は?「表現の不自由展」で注目集める!

今回はアーティスト集団のChim↑Pom(チン↑ポム)について調査してみました。

表現の不自由展に展示された作品「気合い100連発」の動画内で「被ばく最高!」「放射能最高!」と叫ぶ場面があり、注目を集めましたが、そんな彼らがいったい何者なのか、どんな作品を作っているのかまとめて行きたいと思います。

スポンサーリンク

Chim↑Pom(チン↑ポム)とは?

メンバーは?

「チンポム」の画像検索結果

エリイ
卯城竜太
林靖高
水野俊紀
岡田将孝
稲岡求

所属しているメンバーは男性5人、女性1人の6人から構成されています。

経歴は?

2005年8月に東京で結成されており、同年に会田誠のサンフランシスコでの個展を開催した際に作品を展示し、アーティストデビューしています。

2008年には広島市の上空に飛行機雲で「ピカッ」という文字を書いたことが問題となり、注目を集めました。

2019年には愛知県で開催された「表現の不自由展」で「放射能最高!」などと発言する動画作品を展示したことが問題となり、注目を集めています。

どのような作品を作っている?

気合い100連発

スポンサーリンク

動画内では「被ばく最高!」「放射能最高!」などと発言している場面が見られます。

スーパーラット

関連画像

こちらは捕獲したドブネズミを剥製にしてピカチュウを作った作品です。

編集中。

世間の声は?

まとめ

今回はアーティスト集団のChim↑Pom(チン↑ポム)についてまとめてみました。

普通とは違ってかなり賛否両論を巻き起こす作品を作る方たちのようですね。

今後の彼らの活動にまた動きがあるのか見ていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です