紙幣(お札)を変更する理由!なぜ肖像画が変わる?次はいつから発行(流通)?

今回は、紙幣の肖像画が変更される理由について調べてみました。

政府は数年後を目途に、紙幣の肖像画を変える準備に入ったと報道がありましたが、なぜ肖像画は変更されるのでしょうか。

変更の理由は?

偽造防止対策のための定期的な入れ替え

紙幣の肖像画が変更されたサイクルを調べてみると、約20年程度で新しい肖像画に変わっていることが多いです。

偽造防止のために定期的に変えている可能性が高いかと思います。

最後に変更されているのが、2004年ですので2024年あたりでちょうど20年になります。

一万円

聖徳太子 1958~

福沢諭吉 1984年~

五千円

聖徳太子 1957年~

新渡戸稲造 1984年~

樋口一葉 2004年~

千円

夏目漱石 1984年~

野口英世 2004年~

二千円

紫式部 2000年~

経済活性化を目的とした入れ替え?

紙幣が変わることでお金が関わる機械(券売機やATMなど)の入れ替えや、システムの変更なども発生し、雇用機会が生まれることで経済活性化につながると考えられます。

新札の肖像画は?

現段階ではまだ検討中ということですが、報じられていた肖像画の方たちをご紹介させていただきます。

一万円 渋沢栄一

第一国立銀行など多くの企業を設立・経営した実業家です。「日本資本主義の父」と言われています。

五千円 津田梅子

津田塾大学の創設者であり、日本における女子教育の先駆者と言われています。

千円 北里柴三郎

「近代日本医学の父」として知られ、ペスト菌を発見して医学の発展に大きく貢献しました。

二千円はどうなる?

二千円についてはどうなるのか言及されていません。

新しい情報が入りましたら追記させていただきます。

硬貨を変更しない理由は?

硬貨はお札に比べて偽造が少ないようです。偽造しても単価に合わないので、偽造されにくいそうです。

(追記)

今回は、500円玉も2色を組み合わせたデザインに変更することが発表されました。

いつから変更?

政府は数年後を目途に肖像画の変更を行うと発表しています。

参考までに前回2004年に変更になった時は、2002年に発表されたそうなのです。前回のことを踏まえて考えますと、2年後の2021年になる可能性が高いようですね。

(追記)

政府は、2024年上期を目途に変更するという発表がありました。

500円玉は2021年上期を目途に変更とのことです。

世間の反応は?

まとめ

お札の肖像画を変更する理由は、偽造防止のため定期的に変更するという可能性が高いかと思います。実際に変更されるのは、何年かは発表されていませんが、前回の変更時を考えると2021年あたりになるのではないでしょうか。

慣れ親しんできたお札の肖像画が変わるのは少し寂しい気もしますが、新鮮なお札の柄もいいかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

令和の予言(しゃんのツイート)は嘘?真相は?時刻操作やねつ造の可能性も検証

ヒロコ・アンジェラの予言は当たると評判?年齢や結婚、学歴(経歴)についても調査。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です