東京オリンピック チケット譲渡(家族/友人)や名義変更の方法は?画像付で解説。

今回は東京オリンピックのチケットが譲渡可能なのか、またチケットの名義・登録名はどのように変更するのか調べてみました。

5月9日から東京オリンピックのチケットの抽選が第一弾として始まりました。東京オリンピックの開催はまだまだ先なので、万が一行けなくなってしまった場合に、家族や友人や知人などに譲渡することは可能かどうかが気になりますよね。

また、当選後(抽選申込終了後)にキャンセルできるかどうかはこちらの記事に記載していますので、合わせてご覧ください。

東京オリンピック 当選後のキャンセル(抽選申込終了後)や返金はできない?

それでは、調査した結果をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

チケット譲渡は可能?誰に出来る?

東京オリンピックのチケットは、親族・友人・同僚・知人に譲渡することは可能とされています。

ただし、定価以上の金額を受け取ってはいけないとのことです。

これは、東京2020チケット購入・利用規約の第36条に明記されています。

36条(転売禁止の例外)

1.当法人から直接購入したチケットの第三者への譲渡は、東京2020公式チケットリセールサービスを利用した購入価格での再販売のみが認められます。ただし、チケット購入者は、チケット購入者の親族または友人、同僚その他の知人に対する場合に限り、同サービスによらずチケットを譲渡することができます。この場合でも、譲渡代金その他の譲渡対価として、チケットの券面額を超えた金銭または利益を受領してはなりません。

出典元:東京2020チケット購入・利用規約

こちらのニュースにも、親族や知人などには券面額以下での譲渡は自由と記載されています。

オリコンニュース

いつまで名義変更は可能?

来場者の名義変更は、オリンピックの競技の当日まで可能です。

競技の何時間前まで可能なのかはまだ情報はありませんでしたので、わかり次第追記したいと思います。

スポンサーリンク

名義変更の方法は?

名義変更は下記の画像の購入手続以降に行うことになるでしょう。

購入手続については、Coming Soon!となっていますので、のちほど公開されることになるでしょう。

名義変更の方法は現段階ではまだわかりませんでしたが、情報が入り次第追記させていただきます。

まとめ

東京オリンピックのチケットは定価以下で親族・友人・同僚・知人に譲渡することは可能でした。名義変更の方法は現時点で公開されていませんので、情報が入り次第追記させていただきます。

また、当選後(抽選申込終了後)にキャンセルできるかどうかはこちらの記事に記載していますので、合わせてご覧ください。

同行者のチケット 登録や名義変更や両方当選した場合は?隣の席になる?についても下に貼りましたのでご参考になればと思います。

スポンサーリンク

東京オリンピック 当選後のキャンセル(抽選申込終了後)や返金はできない?

東京オリンピック 同行者のチケット 登録や名義変更や両方当選した場合は?隣の席になる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です